向上心こそが才能 最初は誰もが未経験!

プログラマ初心者が心掛けること

プログラマの初心者が普段の業務で心掛けるべきことがあります。
それは、常にスキルアップをいかに行うのか、工夫するかということ。
IT業界全体的に人手が不足しているため、経験の浅いプログラマでも採用されやすいでしょう。
けれども職場では、その人材育成まではなかなか手が回らないのが現状です。
プロジェクトは細分化され、参加メンバーのスキルに応じて仕事が割り振られることになります。
当然ながら、初心者でも簡単な作業が任されます。
プログラムの動作確認や、良くてもデバッグ作業です。
そして業務に追われ、スキルの向上を行えないでいると、いつまでも同じような作業を繰り返すことになります。

優秀な人材が欲しい職場で、人材育成が行われないことにギャップを感じますが、あくまでもスキルアップは本人に任せる形となっています。
しかし、これはある意味、試験でもあると考えられます。
初心者のプログラマもいずれは、マネジャーとしてプロジェクトを統括するような立場になるでしょう。
そこではあらゆる問題を解決するためのビジネススキルが求められます。
自ら考えて課題解決を図ることが必要です。
教育という点でギャップがある職場において、いかに自分の力でスキル磨きを行えるのかを試されているのです。
そのためには会社を頼るのではなく、自分でどのようにして勉強する時間を作り出し、またその手段を見つけるかを考えて行動に起こすこともある意味才能の1つです。
そうすれば、将来的にプログラマとしてやりがいを持って仕事に向かうことができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です